ウェアのメンテナンス ~ウェットスーツの補修~

皆さんセーリングで使用したウェアはどのように洗っていますか? 適切なケアをすることでウェアの寿命はぐっと伸びます。

この連載では複数回に分けてウェアのメンテナンス方法についてご説明していきます。


ウェットスーツの補修 

 

ウェットスーツは柔らかい素材でできているので、丁寧に扱っていても破れたりして補修が必要な場合があります。

少しのキズであれば個人でも十分に補修可能ですので、いくつか方法をご紹介します。

 

・生地が裂けたとき

ウェットスーツを着ているときに、どこかに引っ掛けて裂けてしまうことは多々あります。

Zhikではパッチを必要な分だけカットしてアイロンで貼り付けて補修するリペアキットを販売しており、ある程度の裂きキズであればこちらで補修可能です。

パッチは通常のウェットスーツ生地だけでなく、膝やお尻など擦れる場所にも使える二種類入っているので予め擦れやすいところを補強するような使い方もできます。

 

・糸がほつれた時

縫い糸が一旦解けたのを放置してしまうと、どんどんほつれが広がっていってしまいます。

このような場合は写真のようにほつれた糸を短く切って、糸の根本を瞬間接着剤でとめてください。


次回は防水アウターです!