遅れてきた本命

カテゴリー SAILING

エミレーツ・チームニュージーランドが遂にバミューダで練習を開始しました。なんじゃこいつら。なんじゃこいつら。えげつないぞ!?どんだけ自由自在なんだ??

衝撃の映像です。これまで足漕ぎグラインダーばかり注目されましたが、その豊富な油圧で何を得ているかについては追求されていませんでした。注目すべきはウイングトリムです。メインシートが無いってことは、ウイング内部から油圧でトリムしてるってことなんですかね?

とにかく他のチームでは考えられないくらいウイングトリムが速い。まるでラジコンヨットかのように瞬間的にあの巨大なウイングが動いてるじゃないですか。これはまったく想像以上だわ。そのおかげか、せわしなくタックジャイブを繰り返しても完全に飛びっ放しで、ほとんどロスがありません。

やはりエミレーツは脅威です。ダークホース、いや本命か。

FBでご覧になった方も多いかも知れませんが、シースケープチャレンジに参加していた社員一号から無事にフィニッシュしたと知らせが届きました。強風のためにスタートが1日延期になりましたが、ドン吹きからカームまで盛りだくさんの楽しい70マイルだったようです。

果敢にも140マイルのロングコースに挑んでいた東大生チームは、スタートの延期が響いて残念ながら途中リタイアとなりました。帰国の便に間に合わないと判断しての決断だったようです。それでも最高の経験が出来たとコメントしてくれました。そのリタイアの決断も含めての素晴らしいシーマンシップです。おつかれさまでした。元気に帰国してください。

こんなに敷居が低くて楽しいイベント、他にはそうそうありません。きっと今回参加していただいた3名にとってずっと忘れられない数日間になったのではないでしょうか。そしてこれからのセーリングライフにとって大きな影響を受けたのではないかと思います。僕も去年のクロアチアの旅に大きな刺激を受けました。

今年は国内でもこんな楽しげなイベントを社員一号が企画中です。すっかりシースケープの虜になった彼が繰り出す次の一手にご注目ください。

永遠の少年

カテゴリー SAILING

店番をしながらモスのマストを立てていじくっていると、愉快な爺さんたちが集まってきましたw 60代になっても70代になってもこうして少年のように楽しめるって素晴らしいことですよね。40代なんてハナ垂れ小僧だわ。

新調したセールはこれまでよりラフカーブが大きくて、レーキの設定に悩んでいます。クリューの高さを同じにすると写真のように激しくアフトレーキしてしまうんです。飛んでる時はこれでもいいと思うけど、微軽風だとタックの後にまったくフネがベアしなくなるんだよなぁ・・・平井さんがよくハマってる地獄で苦しむのはご免だしw

ようやく長い改造にも終わりが見えてきました。やはりプロッダーも切って角度を変えよう。それが終われば連休には飛べるぞ!

蘇った紺碧

カテゴリー BUSINESS

終日葉山マリーナと葉山新港で作業でした。基本的に修理作業は嫌いじゃないんですが、ときに自分の見通しの甘さに腹が立つときがあります。2-3時間もあれば終わると思ってた作業に7時間もかかってしまった今日なんて、軽い自己嫌悪モード。次からはもっと効率良く、早くできるようにならなきゃ・・・

ふと桟橋を見ると、冬に長期入院していた早稲田大学ヨット部の紺碧が綺麗になって浮かんでいました。聞けばあれ以来、エアも漏れずアカも入らなくなったと。その一言で救われました。まだ修理職人としては未熟ですが、こうして誰かに喜んでもらえるからまた次も頑張れるんです。

創業当初に進水したVSRが10年を越えても各地で活躍しているのは本当に嬉しい。今後もできる限りのサポートをしていきますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Smooth as silk

カテゴリー SAILING

世はまさに、大航海時代ならぬ大フォイリング時代ですが、一般に普及するような決定打はまだ出ていないのが現状です。モスは普及するには難し過ぎるし、値段も高い。そこをワスプが解決するかと期待されていますが、値段こそ半分というものの、難しさは半分という訳にはいきません。初心者がトライすると、安定してスピードを出すに至るまでに何度も何度も沈を繰り返し、そのうち体力と気力を失ってしまうケースが多いです。

とりあえず安定してスピードを出すだけなら、カタマランの方が安定しています。ハルが二つあるんだから当然ですね。ただしフライングファントムやA-CATは、これまたハードルが高い。おそらく最大の難関はトラピーズです。まぁ普通の人は25ノットで飛びながらトラピーズになんて出られません・・・

その点このエッセンシャルは画期的です。トラピーズの代わりにサイドウイングを採用してトラピーズと変わらない復元力を確保しています。Zボードだからフォイルの上げ下げもいらない。フライングファントムに乗ったら分かりますが、何がしんどいってダガーボードを下ろすのがしんどいんです。しかもLラダーなので落水した時にラダーフォイルにぶつかるリスクも少ない。

ハルはGRPだしマストもアルミなので、重量のハンデが大きいかと思われがちですが、6-7ノットでも飛べるそうです。ホントかなぁ。値段もA-CATより安い。これで二人で遊べるなら普及する可能性はありますね。フォイリングナクラのトレーニングにもなるし。誰か買ってくれませんか?艤装なら任せてくださいw

葉山の海

カテゴリー PRIVATE

葉山に移住して12年が経ちますが、来た当時に比べて明らかに海がキレイになっていると感じます。湘南エリアの海を専門に撮影されている葉山ドローンさんの動画を見てください。

まるでどこか離島の海のようじゃありませんか?最近は夏でも葉山新港の底が見えるくらい透明度が上がっています。セーラーの一人として海がキレイになることは単純に嬉しいものです。

きっとこれは数十年に渡る環境保全活動の成果なんじゃないでしょうか。たとえば90年代に大きく話題になったオゾンホール。極地を中心にオゾン層が破壊され、紫外線が透過してしまうと危惧されていました。しかし原因であるフロンガスの使用を国際的に禁止したことでオゾンホールは徐々に縮小していて、今世紀末までには消滅するといわれています。

車のエンジンや工場の排気などの環境基準が厳しくなったことで、「光化学スモッグ」も死語になりました。人間が破壊してしまった自然環境は、人間の努力で取り戻すこともできるんですね。こうして海や空がキレイになったと実感できれば、これからも努力を継続しようと思えるものです。

昨年のモスワールドでも、海外の選手たちが相模湾の美しさに驚いていました。イメージと違うって。2020年に向けて世界中のセーラーが集まってくるこの相模湾の美しさを、どんどんアピールしていきましょう。

新生くれなゐ号

カテゴリー SAILING

半年ぶりに愛艇にマストを立てました。最後に乗ったのが去年の10月18日なので、ホントに半年ぶりです。なんでこんなに時間がかかったかというと・・・

  1. バウスプリットを装着した
  2. マストスタンプを65mmカットした
  3. ブームを12度曲げた
  4. フロントウイングのバーも曲げた
  5. バングの倍率を36:1に増やした
  6. カニンガムを12:1(ブームの中)に変更
  7. セールとマストを新調
  8. ステーをSK99のダイニーマに変更

バミューダで感じた不甲斐なさをガルダで繰り返さないためにも、手がつけられるところは徹底してやってみました。これだけ一気に手をつけると、もうまるで別のフネですね。あとはこの新しいセッティングに合わせてプロッダー(スプレッダー)を作り直せば完成です。

バカと呼ぶなら呼んでくだせえ。モスの世界で勝とうと思ったら、この程度ではまだまだ足りないくらい。海に出るのが待ち遠しいぜ。

Seascape challenge

カテゴリー SAILING

今年も社員1号がシースケープチャレンジに旅立ちました。日本からの参加は2艇と昨年より倍増!2チームとも18をチャーターして67マイルのコースタルレースに挑戦します。

しかも1チームは現役の大学生チームです。ぜひ一生忘れられない思い出を作って欲しい。この時期のクロアチアは、まさにクルージング天国ですからね。ぜひ楽しんできてください。留守番社長はたまには仕事しまっせ。

24試乗会

カテゴリー BUSINESS

大荒れの土曜日から一夜明け、気持ちのいい青空とそよ風が戻ってきました。待ちに待ったシースケープ24の試乗会です。

総勢6組、のべ20名の方に軽やかな走り、イージーなハンドリングを体験していただきました。

シースケープの販売を開始した5年前からずっと、こんな楽しいフネを増やしたいと願い続けています。イージーで、肩の力の抜けたスポーツボート。恰好良くて、本気で走ったら結構速いけど、あえてそれを前面に出さないところがいいんです。

偶然ではありますが、1号艇2号艇のオーナーはどちらも元学連セーラーの方でした。社会人になり、しばらく海から離れるときがあっても、少し余裕ができた時にこうして海に戻ってきていただけた。その手助けができたことはまさに、願ったり叶ったりです。

難しいことは抜きにして、単純にセーリングを楽しみたい方。海と風のある生活を取り戻したい方。そういう方にはシースケープがピタッとハマるはずです。

延期になってしまった方々には、またリスケジュールして開催したいと考えています。もう暫くお時間をください。よろしくお願いします。

お久しぶりね

カテゴリー SAILING

ようやく、ようやくモスの整備を再開しました。あまりにいろんなことに手を付けてしまっているので、まだまだ先は長いけど、1歩踏み出すことが大事ですからね。とにかく少しずつでも前に進もう。遅くとも連休までには乗れるようにしたいなぁ・・・

次の記事 »